婦人科診察

 

 

婦人科の診察は内診により、子宮や卵巣の大きさや癒着、痛みの部位などを調べるのですが、

実際に何が、どのように腫れているのかを診る為には画像診断が必要になります。

また、痛み等ので内診ができない、もしくは肥満などにより診断がつかない時や妊娠初期や卵胞の計測、小さな腫瘍なども

診断が可能となります。

 

産婦人科の画像診断としては、超音波検査(エコー検査)が主体になります。

超音波検査は、腹部から、もしくは膣部からの操作となります。

 

経腹エコー検査について

 

腹部にゼリーを塗り超音波プローベで、子宮や卵巣の状態を診る検査です。

 

しかし、超音波には水中を通りやすいという性質があるため、内部の画像を鮮明に映すためには、

子宮前面の膀胱に尿を溜めておく必要があります。

 

 

経膣エコー検査について

 

腹部エコーとは違い、細長いプローブを膣内に挿入することにより、

尿を溜める必要なく子宮や卵巣を直接調べる事ができます。

子宮や卵巣を至近距離で観察することができるので、鮮明な画像が得られるという利点があります。

小さな腫瘍を見つけるのには役立ちますが、大きな腫瘍の場合は腹部エコーが適していると思われます。

 

 

超音波検査でわかる疾患

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

診断は、経腹エコーや経膣エコーをはじめ、問診・内診・血液検査などの検査を総合して診断されます。

 

その他超音波検査でできること

 

4D超音波 3D超音波 / 妊婦健診にて胎児の顔などリアルな立体画像としてみることができます。

 

血流測定 / 胎児の血流を測定することにより、潜在性胎児仮死の診断に用います。

 

乳房超音波検査 / 乳房 表在用超音波プローベを使用し乳腺疾患の診断に用います。

 

 

各疾患について

 

子宮筋腫

 

子宮筋腫は子宮筋に良性の腫瘍ができる病気です。

月経痛がひどくなったり出血量が増え、貧血や腰痛の原因となります。

 

子宮内膜症(子宮腺筋症 チョコレートのう種)

 

子宮腺筋症は、子宮の内膜にあるはずの細胞が子宮筋にでき、子宮の壁が分厚くなってしまう病気です。

卵巣にできた場合は、月経血が溜まってチョコレートのう種と呼ばれる大きな塊ができてしまい、月経痛や、不妊の原因となります。

 

卵巣癌

 

卵巣に、悪性の腫瘍ができる病気が卵巣癌です。進行が早く死亡率も高いので、早期発見が重要です。

 

卵巣嚢腫(腫瘍)

 

卵巣に液体を含んだ腫れ物ができるのが卵巣嚢腫です。良性ですが腫瘍が、ねじれると激しい下腹部痛を引き起こしたりします。

 

 

 

医療法人 向来会 前田クリニック 産科・婦人科・美容   埼玉県所沢市緑町3-14-5 04-2920-4920 / プライバシイ採用人事

(c)copyright maeda clinic 2014.8~ All Rights Reserved.