生理痛でお悩みの方

 

女性にとって生理は大切な事ですが、生理痛により仕事や勉強などに支障をきたすことは、大変にハンディとなります。

『がまんすればいい』などと思わずご相談下さい。

 

 

生理痛

 

 

月経にともなう月経痛は、子宮内膜が排出される時に子宮口が狭くて、血液が通りにくい場合に生じる痛みです。

また、子宮内膜を排出するために子宮を収縮させる働きをもつホルモン(プロスタグランジン)が分泌されますが、

このホルモンの量によって月経痛が強まると考えられています。

月経痛の症状や痛みの程度には個人差がありますが、日常の生活に支障のない程度であれば、それほど心配することはありません。

これに対し、月経のたびに仕事や生活に支障が出るような痛みがある場合は月経困難症といいます。

 

月経困難症には、

①月経痛に特別な原因はなく、鎮痛剤により痛みを抑えることができる「機能性月経困難症」

 

②何らかの病気が原因となって月経痛が生じる「器質性月経困難症」があります。

 

器質性月経困難症の原因となる主な病気には、子宮筋腫や子宮内膜症などがあります。月経は女性のからだの大切なバロメーターです。

耐えられないような痛みや以前よりも強い痛みがある場合には、その裏に予期しない病気がかくれていることもありますので、

早めに受診しましょう。

 

解決方法

 

生活習慣(食事 睡眠 ストレス)

 

動物性脂肪(ラード バター、チーズなどの乳製品など)が多く、オメガ3系(青魚 ごま など豆類)の食事が不足していませんか?

またカフェインや刺激性の強い食事も影響すると思われます。ヨガなど身体を動かし、ストレス解消して睡眠をしっかりとりましょう。

 

 

鎮痛剤

 

鎮痛剤の服用方法を間違えていませんか?

痛みに我慢できなくなってからでは、薬の効果が悪いばかりか量も増えてしまい薬の副作用が懸念されます。

痛くなる前に服用した方が効果が良いし量も減ります。

 

低用量ピル

 

ヤーズやフリウェル配合錠 ルナベルなどは子宮内膜症や月経困難症に適応があります。

現在、挙児希望のない方は考えてみてはいかがでしょうか?

 

漢方治療

 

漢方の種類によっては、鎮痛作用を促すものもあり、副作用も少なく長期に服用が可能です。

また、美肌 にきび予防 月経前症候群にも効果があります。

漢方は、その人の体質によって処方が異なりますのでご相談下さい。

 

 

医療法人 向来会 前田クリニック 産科・婦人科・美容   埼玉県所沢市緑町3-14-5 04-2920-4920 / プライバシイ採用人事

(c)copyright maeda clinic 2014.8~ All Rights Reserved.