更年期障害でお悩みの方

 

女性にとって女性ホルモンは、大切な役割があります。しかし早ければ30台後半から女性ホルモンの平均値は減少することにより、

種々の症状を示します。

 

内科に受診しても、『あなたは病気ではありません』と簡単に受け答えされてしまいお悩みの方は是非、相談下さい。

 

 

女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されますが、年齢とともに減少し、

平均51歳で閉経を認めます。

 

特に、エストロゲンは女性らしい身体を作るためにに重要なホルモンですが、

卵巣や子宮に反応して妊娠しやすい環境を作る作用の他に

 

新陳代謝の亢進 (メタボリックシンドロームの抑制)

血管収縮を抑制して循環をよくする。

骨の形成を促す。

自律神経、感情の働きを脳に伝えるなど様々な作用が報告されています。

 

以上のことから、女性ホルモンが減少もしくは閉経してホルモン値が低値になるとさまざまな症状を起こす事になるのです。

 

自分が更年期? と思われる方は、まず 更年期指数をチェックしてみましょう。 更年期指数チェックはここをクリック

 

 

当院での治療

 

 月経がある方で更年期症状でお悩みの方

 

月経は女性ホルモンが作用している証です!

ストレスや睡眠不足 疲労や栄養不足または肥満など栄養バランスの乱れが、血液の流れをが悪くした結果かもしれません。

東洋医学的には、血の道が阻害されれば、体のバランスを保てず気の流れや水の流れも悪くなり。

様々な症状を起こす原因となります。

 

①漢方治療 市販でも漢方薬は販売されていますが、人によって体形が違うように自分にあった漢方でなければ効果がありません。

      相談の上、処方されたほうが良いでしょう。保険が適応となります。

 

②プラセンタ治療

      プラセンタは、妊娠時の胎盤の事で、妊娠中は血液循環も豊富であり赤ちゃんを発育させる様々な因子が含まれています。

      その為、血液の流れをよくして様々作用があり更年期にも、かなり効果が期待できます。

      プラセンタは、自費で高額のイメージがありますが、婦人科では保険適応があります。

 

 月経不順もしくは無月経で更年期障害でお悩みの方

 

③ホルモン補充療法

      ホルモン欠乏を補うことで症状の改善を認めるだけでなく、若々しい身体にもどす効果が期待できます。

      乳癌や子宮癌などの心配もありますが、おおよそ5年の投与であれば心配も少なく思われます。

      また、黄体ホルモンを加えることで癌の発生予防ともなります。

 

医療法人 向来会 前田クリニック 産科・婦人科・美容   埼玉県所沢市緑町3-14-5 04-2920-4920 / プライバシイ採用人事

(c)copyright maeda clinic 2014.8~ All Rights Reserved.