卵巣年齢検査

 

30歳後半で子供を希望され来院される方が最近、増えていますが、

いつまで自然に妊娠ができるかを知るためには、自分の卵巣予備能、つまり卵巣に残っている卵子の数を知ることが必要と思われます。

 

 

 

AMH (アンチミューラリアンホルモンまたは抗ミュラー管ホルモン)は、

卵巣予備能(卵巣の中に残っている卵子の目安)の検査の事です。

発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンである血中AMH値は、卵胞数を反映すると考えられており、その値で卵巣内にどれぐらい卵の数が残っているか、つまり卵巣の予備能がどれほどかを反映すると考えられています。

 

AMHの数値が表すのはあくまでも卵子の在庫の目安であって、AMHが低くても妊娠ができないわけではありません。

しかしながら、残っている卵の数が少ないので、不妊治療をできる期間が限られてくる、ということを示します。

 

AMHは他のホルモンと違い、月経周期のいつ測ってもよい血液検査です。

 

※AMH検査は卵巣予備能の目安となります。妊娠を保証するものではありません。

当クリニックではAMH検査を行っております。

 

 

医療法人 向来会 前田クリニック 産科・婦人科・美容   埼玉県所沢市緑町3-14-5 04-2920-4920 / プライバシイ採用人事

(c)copyright maeda clinic 2014.8~ All Rights Reserved.