不正性器出血 女性にとって正常な月経以外の出血があると心配なものです。 子宮癌は、若い女性でもおこるからです。 そのようなお悩みの方は受診されることをおすすめします。 出血には、おりものに混じる出血、セックス後の出血、 月経後も出血が続くことなどがあげられます。 また、血の色も鮮紅色から黒ずんだものなど、出血の量や性状も様々です。 子宮からの出血が大部分ですが、子宮内膜、子宮膣部、外性器といろいろなところから出血します。 子宮からの出血には、子宮に異常があるためにおこる器質性子宮出血と性ホルモンの乱れによりおこる機能性子宮出血があります。 原因がわかっていれば問題はないのですが、原因がわからなければ早めに相談してください。 器質性子宮出血 子宮に病気があるためにおこるものですが、最も大きな原因として、 子宮癌が考えられます。他に子宮筋腫、子宮頸管ポリープ、子宮内膜炎、 子宮膣部びらんなどでも不正出血がみられます。 機能性子宮出血 初経前後や出産後、また更年期などホルモンのバランスが不安定な場合に 多くみられます。月経周期が定まらないため思わぬときに出血したり、 月経がだらだらと続いたりするものです。 中間期出血 月経と月経の間の排卵期にみられる少量の出血のことで、卵胞ホルモンの分泌が 一時的に低下するためにおこる生理的な出血です。 しかし自己判断せず、基礎体温をチェックして判断が難しいようであれば相談しましょう。

医療法人 向来会 前田クリニック 産科・婦人科・美容   埼玉県所沢市緑町3-14-5 04-2920-4920 / プライバシイ採用人事

(c)copyright maeda clinic 2014.8~ All Rights Reserved.