こどもができなくてお悩みの方

 

結婚して避妊をしていないにもかかわらず2年位たっても妊娠しない場合を不妊症であるといっていいでしょう。

 

一度も妊娠を経験してない人を原発性不妊症といいます。また一度妊娠しても次の子供が授からない場合を続発性不妊症といいます。

一度、ご相談下さい。

 

 

原因は? 妻? 夫?

妊娠というのは夫と妻の協力があって初めて可能になるわけですが、互いに協力しているにもかかわらずうまくいかない訳です。不妊症の原因を見つけ出すためには男性、女性ともに調べなければわかりません。原因としては妻・夫・夫妻の両方と3通りがあります。

夫が原因であることも30~40%を占めますから必ずしも女性が原因だけとは考えないほうがよいでしょう。

 

診察の進め方

① 子宮や卵巣が炎症を起こしていて癒着していたり、子宮筋腫や卵巣腫瘍があったりすると妊娠しにくくなるので、感染症の検査や、超音波検査などを行なうとよいでしょう。

 

② ご主人の精液検査からお受け下さい。精子がぜんぜん見当たらない(無精子症)数も少なく運動もにぶい(精子減少症)と言うような場合は不妊症の原因となります。

 

③ ホルモンの状態を調べるのは、まず基礎体温を毎朝はかって体温表に記録して下さい。このグラフをみると排卵があるかないか、卵巣が充分働いているか等がわかります。さらにホルモン検査を行い卵巣の機能を調べる事もあります。

 

④ 排卵のある人は次に進みます。卵巣から排卵された卵子は卵管の膨大部というところで精子といっしょになり(受精)そのまま卵管を通って子宮に送られて子宮面をおおっている子宮内膜に付着します(着床といいます)。この通り道を調べるのが卵管の疎通性検査です。これには2通りの方法があります。管通気法 子宮卵管造影法です。この疎通性検査で左右の卵管がよく通ってよく働いているかわかります。

 

⑤ 膣内に射精された精液は一時そこに止まって、精子は間もなく子宮の入り口から子宮の中に上昇して行きます。その際、子宮の頚管にある粘液は排卵の時期だけ、透明な水のような性質を示すようになり精子を子宮の中に入りやすくします。ところが人によっては精子と、この頚管粘液との性質がうまく合わない人がいます。フーナー検査と言うのはこのことを知るための検査です。これは別名「性交後検査」とも呼ばれています。

 

不妊症の治療

不妊症の原因によって治療は異なります。

あせらず根気よく治療を続けることが大切です。

また、心因的な原因でもなかなか子供は授かりません。

気分転換をはかって思い悩まないようにしましょう。

 

不妊症検査・治療のまとめ

基本検査

① 基礎体温表 排卵の有無がわかります。

        排卵日の予測がつきます。

        黄体機能不全の有無がわかります。

        不正出血の原因が推測できます。

 

精液検査  *SQA-V検査について

 

③ ホルモン検査(性ホルモン 甲状腺ホルモン AMHなど)

 

* 卵巣年齢検査(AMH)について

 

④ その他 感染症検査(淋菌/クラミジア)超音波検査など

 

⑤ 子宮卵管機能検査

        卵管通気検査

        卵管造影検査

 

⑥ 子宮内膜検査

 

総合判定

 ↓

⑦ フーナー検査(性行後検査)

 ↓

最終的な治療方針の決定

 

① 性交指導(6ヶ月)

② 人工授精(6ヶ月~1年)

③ 薬物療法 排卵促進と黄体機能不全の是正

④ 体外受精など(当院ではおこなっていません。不妊専門病院をご紹介します。立川ARTレディースクリニックのHPへ)

 

排卵の推測として

 超音波検査(膣内に超音波断層装置を挿入して子宮・卵巣(卵胞)の状態を見ます)

 頚管粘液検査

 ホルモン検査

 

医療法人 向来会 前田クリニック 産科・婦人科・美容   埼玉県所沢市緑町3-14-5 04-2920-4920 / プライバシイ採用人事

(c)copyright maeda clinic 2014.8~ All Rights Reserved.