気になる しわ ほうれい線 肌のたるみ

 

年齢とともに肌にはりがなくなり老け顔になっていませんか?

これは顔の輪郭を構成する骨の減少や、部分的に脂肪の欠落がおき筋肉やじん帯にたるみが生じた結果です。

レディエッセは、カルシウムより構成されており、頬やあご こめかみの骨が減少した部位に注入することにより若返りが実現できます。

 

RADIESSE レディエッセ

他の充填剤との違い

治療の流れ・副作用

レディエッセとは?

 

従来のヒアルロン酸やコラーゲンと違い、カルシウムベースの粒子を使用した皮膚充填剤です。すでに整形外科をはじめ歯科治療などの医療処置に使用されており安全性が確認されたものです。カルシウムの粒子は1年以上かけて吸収されるため、長期間の効果が期待できます。

確かな治療効果と安全性

 

注入後すぐに効果を実感できます。

レディエッセは、軟らかいまま皮膚に残り、自然で若々しい表情を取り戻す事が可能です。

また、他の充填剤と比べ、長期の効果が期待でき、1年から1年半は持続します。

また、アレルギーテストを必要とせず、安全な薬剤と言えるでしょう。

日本では、まだなじみがありませんが、アメリカ・韓国・ヨーロッパなどで医療承認を受けており、世界で80万人以上の方がこの治療を受け、4000人以上の医師がレディエッセを使用しています。

治療の流れ

 

1 カウンセリングをします。希望部位など

 

2 メイク落とします。麻酔希望者は30程おまちになります。

 

3 施行時間は、おおよそ15分ぐらいです。

 

4 注意事項の説明を聞きます。

 

5 化粧をしてお帰りになれます。

 

副作用

注入部の軽度の腫れ、赤み、出血、炎症などを認めることがあります。

部位によっては、再度注入をおすすめします。

医療法人 向来会 前田クリニック 産科・婦人科・美容   埼玉県所沢市緑町3-14-5 04-2920-4920 / プライバシイ採用人事

(c)copyright maeda clinic 2014.8~ All Rights Reserved.