ホルモン剤について

 

卵胞ホルモン(エストゲン)

女性らしいからだや心を作り出すホルモン

骨そしょう症や動脈硬化の予防、自律神経障害などの更年期障害など若返りのホルモンとも言えます。しかしながら、乳がんや子宮体癌、血栓症のリスクもありので慎重な投与を行うことが必要です。エストロン・エストラジオール・エストリオールに分けられ、エストラジオールが最も強い活性があります。

 

経口剤

薬品名/ プレマリン錠0.625mg

成分/ 結合型エストロゲン

適応/ 卵巣機能不全症 更年期障害 萎縮性膣炎(老人性膣炎)機能性不正出血

治療/ ホルモン補充療法やカウフマン療法の時に処方します。MTFの治療に用います。

用法/ 1日0.625-1.25mg経口投与 MTFの場合1.25-5.0mg

* エストラジオールの1/2程の活性になります。

 

薬品名/ ジュリナ錠 0.5mg

成分/ エストラジオール製剤

適応/ 更年期障害、血管運動神経症状、腟萎縮症状

治療/ ホルモン補充療法に処方します。MTFの治療に用います。

用法/ 1日0.5-1.mg経口投与 MTFの場合20-60mg

 

注射薬

薬品名/ ペラニンデポー筋注10mg

成分/ エストラジオール吉草酸エステル

適応/ 無月経、月経周期異常(稀発月経、多発月経)、月経量異常(過少月経、過多月経)、月経困難症、機能性子宮出血、子宮発育不全症、卵巣欠落症状、更年期障害、不妊症

治療/ ホルモン補充療法に処方します。MTFの治療に用います。

用法/ 1回10mg投与

* デポ剤とは油性剤の事、3週間程効果を示します。

 

経皮薬

薬品名/ ル・エストロジェル0.06%

成分/ エストラジオール外用ゲル剤

適応/ 更年期障害及び卵巣欠落症状

治療/ 更年期障害の治療(肝臓障害などある人におすすめ)

用法/ 成人に対しル・エストロジェル2プッシュを1日1回、両腕の手首から肩までの広い範囲に塗擦する。

治療/ ホルモン補充療法に処方します。

* 従来のシール型と比べ肌荒れなどの副作用がありません。

 

膣剤

薬品名/ エストリール膣剤/ホーリンV錠

成分/ エストリール剤

適応/ 萎縮性膣炎

用法/ 1日1回0.5~1.0mgを腟内に挿入する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、排卵後、卵胞から変化した黄体から分泌されます。そして、子宮内膜を充実させ、受精卵が着床しやすい状態にします。この期間は体温が上昇する高温期(黄体期)です。さらに、着床後も分泌が続き、妊娠を維持する働きをします。

妊娠の維持、乳癌・子宮体癌の治療、緊急避妊、子宮内膜症の治療などに用います。

 

内服薬

薬品名/ プロベラ錠2.5mg

成分/ メドロキシプロゲステロン酢酸エステル

適応/ 無月経、月経周期異常(稀発月経、多発月経)、月経量異常(過少月経、過多月経)、機能性子宮出血、黄体機能不全による不妊症、切迫流早産、習慣性流早産

用法/ 通常成人1日2.5~15mg(1~6錠)を1~3回に分割経口服用する。

 

薬品名/ ディナゲスト錠1mg

成分/ ジェノゲスト

適応/ 子宮内膜症

用法/ 1日2mgを2回に分け、月経周期2〜5日目より経口投与する。

* 抗アンドロゲン作用がある新しい黄体ホルモン剤

 

薬品名/ ノルレボ錠0.75mg

成分/ レボノルゲストリル

適応/ 緊急避妊

用法/ 性交後72時間以内に1.5mgを1回経口服用する。

 

注射薬

薬品名/ オオホルミンルテウムデポー

成分/ ヒドロキシプロゲステロンカプロン酸エステル注射液

適応/ 無月経、機能性子宮出血、(黄体機能不全による不妊症、習慣性流早産、切迫流早産

用法/ 成人1週1回65〜125mgを筋肉内注射する.

 

 

エストロゲン・プロゲステロン合剤(ピル)

避妊の他、月経困難症・緊急避妊・にきび治療・多毛治療など多様の使用が可能である。

 

内服薬

薬品名/ プラノバール

成分/ ノルゲストリル(NG)+ニチニルエストラジオール

適応/ 機能性子宮出血 月経困難症 月経周期異常症 過多月経 子宮内膜症 卵巣機能不全

その他にヤッペ法として緊急避妊や月経周期の変更に用いられる。

用法/ 機能性不正出血には1日1錠 10日 他治療により異なる。

* 中等量のピル

 

薬品名/ ラベルフィーユ

成分/ レボノルゲストレル・エチニルエストラジオール配合剤

適応/ 避妊 月経困難症 月経不順

用法/ 1 日 1 錠を毎日一定の時刻に定められた順に従って(淡赤色

錠から開始する)28日間連続経口投与する.

以上28日間を投与 1 周期とし,出血が終わっているか続いているかにかかわらず,29日目から次の周期の錠剤を投与し,以後同様に繰り返す.初回のみ月経初日から内服し飲み続ける。

* 3相性の低用量ピル

 

薬品名/ ファボワール錠

成分/ デソゲストレル エチニルエストラジオール配合剤

適応/ 避妊 月経困難症 月経不順 にきびの治療

用法/  1 日 1 錠を毎日一定の時刻に定められた順に従って(淡赤色

錠から開始する)28日間連続経口投与する.

以上28日間を投与 1 周期とし,出血が終わっているか続いているかにかかわらず,29日目から次の周期の錠剤を投与し,以後同様に繰り返す.初回のみ月経初日から内服し飲み続ける。

* 含まれる黄体ホルモンに男性ホルモン用作用がほとんど無い為、にきびや多毛の治療にも使用することがある。

* 1相性の低用量ピル

 

薬品名/ ルナベル配合錠

成分/ ノルエチステロン・エチニルエストラジオール配合剤

適応/ 子宮内膜症に伴う月経困難症/機能性月経困難症

用法/  1 日 1 錠を毎日一定の時刻に定められた順に従って(淡赤色

錠から開始する)28日間連続経口投与する.以上28日間を投与 1 周期とし,出血が終わっているか続いているかにかかわらず,29日目から次の周期の錠剤を投与し,以後同様に繰り返す.初回のみ月経初日から内服し飲み続ける。

* 保険適応のある1相性の低用量ピル

 

薬品名/ヤーズ配合錠

成分/ドロスピレノン・エチニルエストラジオール

適応/ 月経困難症

抗アンドロゲン作用のある黄体ホルモン剤であり、にきび・多毛の治療応用も可能

用法/  1 日 1 錠を毎日一定の時刻に定められた順に従って(淡赤色

錠から開始する)28日間連続経口投与する.以上28日間を投与 1 周期とし,出血が終わっているか続いているかにかかわらず,29日目から次の周期の錠剤を投与し,以後同様に繰り返す.初回のみ月経初日から内服し飲み続ける。

*保険適応のある1相性の低用量ピル

 

注射薬

薬品名/ ルテスデポー

成分/ ヒドロキシプロゲステロンカプロン酸エステル・エストラジオール安息香酸エステル

適応/ 機能性子宮出血

用法/ 1回1mLを筋肉内注射する。なお、症状により適宜増減する。

 

ピルを含むホルモン剤における注意事項

1、 低用量ピルは避妊の他、生理不順などの治療に使われている。一方で血栓症を発症することもある

2、 海外の調査によると、血栓症の発生リスクは高い順に、出産後(1万人当たり40~65人)、妊娠中(同5~20人)、

  低用量ピル服用者(同3~9人)、非服用者(同1~5人)

3、 低用量ピルは、服用開始後の数か月間に血栓症リスクが高くなる。

4、 タバコを吸っている人、高齢者、太った人の低用量ピル服用には注意が必要

5、 低用量ピル服用中に、頭痛、腹痛、けいれん、むくみなどの症状が出た場合には、医療機関を受診する。

* 定期的な血液検査を受けて下さい。

* ヤーズのような新しいタイプの黄体ホルモンほど副作用である血栓は起こしやすい。

 

医療法人 向来会 前田クリニック 産科・婦人科・美容   埼玉県所沢市緑町3-14-5 04-2920-4920 / プライバシイ採用人事

(c)copyright maeda clinic 2014.8~ All Rights Reserved.